監修者ドリーケラペスについて

 

ドリー ケラペス

Dolly Kelepecz

 

 

DKBODY/ネバダ州立大学公認ピラティス創立者であり、30年以上もの間プロのダンサーとして活躍するドリーケラペスは、ネバダ州立大学ラスベガス校にてバレエやピラティス講義の教授として教壇に立っています。

 

そしてその正統なピラティス指導方法により、これまで数多くの著名人やセレブリティ、ダンサーやアスリート達にもレッスンを行なっています。そんなドリーの 書籍やDVDは日本や韓国でも出版され、アメリカでは健康を推進するTV番組 「ヘルシーライフスタイル」にてドリーケラペスの看板コーナーを持つ等、今やドリーのピラティス界における地位と信頼は揺るぎないものとなっています。

 

25年前にラスベガスで初のピラティススタジオをオープンさせたドリーは、ピラティスの第一人者としてその確固たる地位を築き上げ、現在までその活躍の場を拡大させ続 け、ネバダ州立大学ラスベガス校をはじめとするラスベガススタジオの他、全米はもとより日本や韓国、そしてメキシコ等海外にも自身のスタジオを持ち、日々 精力的に各地を回りその技術と知識を広め続けているのです。

 

 

 

1997年に確立された独自の手法「D.K. Body Balancing Method」 によって「ピラティス指導者資格コース」を卒業した教え子達はその後独立し、全米の他、海外で活躍するステファンメルモンやシルクドソレイユ等に代表され る世界的パフォーマーとして世界的に活躍し躍進を続けています。また他にも多くの教え子達がオーストラリア・カナダ・メキシコ・日本・韓国・ロシア・イス ラエル・スペイン等世界の様々な地域において独自のピラティススタジオをオープンし、ドリーの教えを忠実に引き継ぎながら今でも活動を続けています。「D.K. Body Balancing Methodピラティス」は、その正統な流れを忠実に守りながらも、新しい時代とともに飛躍を続けているピラティスなのです。

 

ドリーケラペスの手法としては、自身の理学療法に関する豊富な知識を生かし、マッサージセラピー・アレキサンダーテクニック・フェルデンクライステニック等を取り入れた幅広いものに仕上がっております。そのため多くの病院やフィジカルセラピークリニック、カイロプラクティッククリニック等のリハビリ施設を持つ医療機関や、予防医学を推進する健康医療機関にピラティススタジオが設置されています。

 

またヒューストンバレエ団、ネバダバレエシアター、ウィンリゾートグループ、ネバダ州立大学等においてはドリーの手法に基づいたプログラムが開発導入されています。

 


ケイリーシラーDVDプロモーションYoutube動画